プロフィール

「ワントーク3000万円」と言われた伝説の営業

1970年生まれ。高校卒業後、上京。新宿での路上弾き語りや吉祥寺のライブハウスでのライブ活動など精力的に活動し、1993年ヤマハ音楽振興会主催のオーディション(ヤマハ・ミュージック・クエスト)で「東京代表(東地区)」に選出されるなど、約5年間、音楽中心の生活に没頭する。

23歳から、リフォーム・広告代理店・教材会社などの「飛び込み・テレアポ営業」を始める。

しかし、そこから売れずに苦しむ不遇の時代を約4年間近くも味わい、逃げるような転職を何度も繰り返す。

27歳の時、大阪の「飛び込み・テレアポで家を売る」不動産販売会社に入社。数々の失敗や試練を経験しながらも、営業を始めて4年越しで、遂に独自の営業手法の開発に成功する。

その後、在職中の一年半(売れなかった時期6ヶ月を含む)の契約高は約16億円にも上る。また、会社設立後、わずか一年の間の契約本数は「60件以上」契約高は「20億円」を超え、営業最前線の間に一人で販売してきた総契約総額は「78億3千万円」契約数は「250件以上」

これらの全ての物件が、品質は良くても商品力が無く、値引きをしても全く売れなかった「売れ残り物件」であり、これら全てを営業力だけで売り抜いた。

また、スパイ潜入でお客のフリをしてきた「同業他社」の人間も契約して帰っていったという「通常ではありえない」契約の経験もある。

一切興味のない人でも、話をすると「5人中3人」は契約になり、少しでも興味のある人であれば「10人中8人」の確率で契約になる。(※業界平均は商品力があっても10人中1.8人といわれている。

そして、これら全ての契約は「100%、即決」であり、日を延ばしたことは、一度たりとも無い。

また、頭を「ペコペコ」下げる「お願い営業」を最も嫌い「買ってください」「契約してください」「お願いします」などという言葉をお客に対して使ったことは一度たりともない。

このような「常識では考えられない」これらの実績から、いつしか

「有川のワントーク(一回の営業)の価値は3000万円」
「有川が無理な客は、世界中の誰がやっても無理」
「不可能を可能にする男」

などと称されるが、4年もの不遇の時代を経験してきたことから、当時「営業は自分で考えて経験して学ぶモノ」という「確固たる考え」があり、独自の営業手法を人に教えることは一切拒み続けてきた。

そのために「なぜ、有川にはあんな営業が出来るのか、誰にも分からない」と言われ、トークを聞くだけでは絶対に分からない程に計算しつくされ、組み込まれたその営業手法は、謎に包まれたままとなっていた。

しかし「営業と経営は別物」という言葉の通り「社内の分裂」「傲慢さのツケ」など、営業マン上がりの経営者が陥る学びや失敗などを経験し、組織のマネージメントの失敗などにも苦しむ。

そのころに、飛び込み営業をしてきた「全く売れない」一人の営業ウーマンに出会う。

当時、経営者への脱皮に苦しんでいたさなかでもあり「昔の売れなかった自分」をその営業に見たような気になり、その場限りという条件でその営業ウーマンに営業のアドバイスを行う。

その数ヶ月後、アドバイス通りにやった営業ウーマンが、今までの3倍近くの売り上げを上げたと大喜びで報告に来たのを目のあたりにし、自分の営業手法は「他業種」でも効果があることを実感。

この経験から、過去の壮絶な実体験で誰よりも「売れない苦しみ」を知っていることが拍車をかけ「本当に他の人や業種に関係なく出来るのであれば、現場最前線で孤独に苦しんでいる、現場の最前線の営業の人にだけ教えてあげよう」と、これでには思いもしなかったことを考え始める。

その後「自分の感覚的な営業手法」を「理論的かつ具体的・実践的なノウハウ」として、誰にでも使いこなせる事を目標に「分解・分析」し、様々な業種の営業マンに対して、実験的にノウハウの提供を始め効果の測定を行う。最初は思うような効果が出ずに苦しんだが、試行錯誤、改良を重ねるうちに効果が現れ始め、同時に「売れるようになる営業セルスの教育方法」も構築される。

そして、2004年12月、「誰にでも簡単に営業力を上げることが出来る」ようにまとめられた「高確率」「カンタン」「スピーディー」の「営業セールスノウハウ」が、遂に完成する。

2005年3月より「現場で泥水を飲むような思いで苦しみながら戦っている現場営業」のために「実践的、かつ具体的で効果的」な営業ノウハウを提供する「現場営業コンサルティング事業」である「最強営業実践塾」(現在の最塾)をスタートさせる

2016年現在、最塾で学んだ累計会員数は、全国で5200名を超え現在も様々な業種の営業セールスの人が共に切磋琢磨しながら日々学んでいる。

現塾生の中には、入塾する前には1ヶ月のアポ・契約件数が「ゼロ」で悩んでいたが、入塾3ヶ月後には1ヶ月平均25件のアポと11件の契約という驚異的な結果をたたき出している保険営業の塾生や、飛び込み営業にてマンション販売を行い契約率が5割を超える塾生も誕生している。

また1ヶ月に約100件近い電話相談と、120件ほどのメール相談を受け圧倒的な実績を上げてきた経験を生かし、2007年より法人専用の営業コンサルティング業務もスタートし、社員数数万人規模の一部上場会社から社員数2人の会社創業立ち上げまで、各種研修や定期コンサルティングを行っている。