最塾・公式サイト【最強営業実践塾】|あなたも一流の営業になれる!

裏・プロフィール

「給料泥棒」と言われ続けていた私が、「ワントーク3000万円の男」と言われるようになるまで・・・

正直に告白しよう・・・

私は「センス」も「能力」も「根性」も

本当に、本当に・・・本当に、凡人「以下」だった

でも、今では・・・だからこそ!

「最強の営業」と言われるまでになれたのだと確信している!



おい!


コッラア~アァァ~!!


いらん言うてるやろ!


なめとんのか?ワレ~~~!!


しつこいんじゃ!


帰れーッ!!


「ドン!!」

襟首をつかまれ、殴られるように廊下に追い出された。

「お前がしつこいからじゃ!ボケ!」

「バタン」!!!

つかまれた首のあたりが、ズキズキと痛んだ。

時計を見た。

「21時」

「はぁ~っ」

「俺、やっぱり営業向いてないよ・・・」

「もう、嫌だ、、、辞めたい・・・・・」

すでに、同じ時期に入った40人近い同期の連中は、最低でも一本の契約は上げている。

私を除いた最後の一人が、昨日契約したのだ。

入社以来「契約ゼロ行進」を続けているのは、今日から、私たった一人だけになっていた。

お前、給料泥棒やな!

私は23歳の時から「飛び込みセールス」を始めた。

リフォーム、広告代理店・教材販売会社などに勤めるが全く結果が出ず「飛び込み・テレアポ営業の会社は、もうイヤだ」と逃げるように退社した。

「次は絶対!飛び込み・テレアポの無い会社」

という思いを基準に、会社を探し面接を受け某不動産販売会社に入社。

しかし、その不動産会社の実態は「飛び込み・テレアポ」主体の住宅営業会社だと入社一週間後に判明し愕然とした思いになる。

(面接ではそんなことはしないって言ってたのに・・・)

それも、今までの会社が可愛く見えるほど、半端じゃないバリバリの営業会社であり、逃げることすら許されず「もう、死にたい・・・」と、考えること数えきれず、上司に怒られない事だけを考えながら同僚とグチを言いあう日々が続いた。

多分ここを上手く辞められたとしても、どうせまた同じような会社に入ることになるんだろうな・・・・

怒濤のごとく毎日詰められ、絶望を経験してるうちに

「クソッ!どうせ、逃げられないのなら、とことんやったる!」

と、究極の開き直りが芽生え、ようやく本気になる。

しかし、本気になったからと言って、いきなり成績があがるはずもなく、結局入社してから契約「ゼロ」なのは45人の同僚の中でも、私ただ一人だけという状態となり、そんな日が何週間も続いた。

「お前、給料泥棒やな!」

この言葉を上司に浴びせられたとき「退社」という文字が頭をかすめたが、それでも、飛び込み営業やテレアポを毎日毎日、一件一件、きちんと真面目にやっていた。

「お客も人だ」

「真面目で、誠実だったら、きっと売れる」

本気で、そう思いながら真面目に続けていた。

しかし、話が出来るところは限りなく少なく、ことごとく門前払いを受け、やっと話が出来たと思えば、今度は思うような話が出来ない。

そんなことを幾度と無く繰り返し、折れそうになる心を振り絞り、飛び込みテレアポを続けていたある日のこと。

とても人のよさそうな奥さんと出会った。

理想の客との出会い。そして・・・

その奥さんは、真剣に話しを聞いてくれた上に「私は良いと思うので、主人に話してみてください」とまで言ってくれた。

それはまさに、自分が頭の中で描いていた「理想の客」そのものだった。

うれしさのあまり、飛び跳ねそうになる衝動を押し殺し、時間設定をして、その日の夜7時に再訪問することになった。

「やった~!!」

まるで、契約が取れた気分だった。

いや、正直に言えば「これは、絶対に契約になる」と思っていた。

上司にそのいきさつを伝え

「このお客はすごくいい人なので、契約になると思います!」

と言った。

そして、その夜、7時。

車を降りた私は、物件資料がパンパンに詰まったズッシリと重いカバンを肩にかけ、意気揚々と再び訪問した。

「こんばんわ~」

「はい」

「あ、昼間お伺いした、有川です!」

ガチャ・・・

少しだけ開いた玄関には、昼間の奥さんではなく男性が立っていた。

「なんか知らんけど、ええわ」

ガチャン!

ガチャガチャガチャ・・・

廊下には、ドアの鎖を掛ける音だけが響いて消えた。

「え???」

「は???」

何が起きたのか、わけがわからなかった。

家を間違えたのかと、アポ用紙を見ても間違いではない。

間違えるはずもない。

「なんで・・・」

「どうして・・・」

これが、現実なのだと理解するのに、少しだけ時間がかかった。

そして、理解したのと同時に恐怖が襲ってきた。

「上司に、何て言おう・・・どうしよう・・・」

上司にそのことを、ありのままに報告するしかなかった。

「いい人だったんですけど・・・」

そういう私に、上司はニヤニヤしながら、こう言い放った。

「お前、本当は、そんなアポなんてなかったんじゃないの?」

あまりのショックに、体が震えた。

「俺にはやっぱり営業は向いていないんだな・・・」

理想と思えるような人ですら、アポにならない・・・。

もう、何をどうすればいいのかすら、

何も、、、

分からなくなっていた。。。

最後の決心

そして、翌日の朝・・・

「今日アポがとれなかったら、本当に辞める!でも、そう決めたからには後悔しないようにガムシャラに死ぬ気でやってみよう!」

1人、そう心の中で腹をくくり、飛び込みの現地に向かった。

気力も体力も充分!根性も精神力も100%!

「充実した気持ちで頑張れば、必ずアポは取れる!」

「今日は絶対にアポは取れるぞ!」と、意気込んでいた。

しかし、意気込みとはウラハラに朝、昼、夕方と飛び込んだが、アポは取れることなく、、、

それでも、めげることなく「まだ、まだ!昼間会えてない所がある!」と夜訪に向かう。

季節は、まだ2月。

夜の外の廊下には今にも凍ってしまいそうなほどの鋭い冷たさを含んだ風が吹いていた。

寒さに震えながら、今の状況をアポ用紙に書き込む。

「留守」

隣の家の玄関をノックする。

「コンコン」

「・・・」

階段を下り、次の家の玄関をノックする

「コンコンコン」

「・・・・」

その隣の玄関を叩く。

「コンコンコン」

「・・・」

チャイムを鳴らす。

「ピンポーン」

「・・・・はーい、どちらさん?」

「あ!夜分遅くにすみません!実は・・・」

「ああ!もう良いです!結構ですから!!!」

「・・・・」(まだ、何も言ってないのに・・・)

寒さで、だんだん指の感覚が無くなってきた。
思うように字が書けない。

「クソッ!」

次の玄関をたたく。

断られる・・・。

たたく・・・・断られる。

たたく・・・怒鳴られる。

たたく・・断られる。

そして

たたく・・・・

次、

たたく・・・

次、

たたく・・・・・・

たたく・・・・・

たたく・・・・

どれくらいの時間が過ぎたのだろう。

感覚の全くない氷のような指の関節が動かすたびにギシギシと鳴る。

突き刺すような冷たい風に、顔がこわばる。

スーツの上からゾクゾクと寒さがしみ込み、ヒザもガクガク震えてきた。

「・・・・寒い・・・・」

時計を見る。

「21時」

「ダメか・・・」

タイムリミットだった。

朝から延べ、300件以上の玄関をたたいてきた。

そして・・・やっぱり、一件のアポも取れなかった。

終わった・・・全て終わった・・・。

真面目に真剣に一生懸命やれば、

ビシッと姿勢良く立ち、きちんと挨拶をし、誠実に接すれば、

必ず分かってくれる人は現れる。

そう思い、そう信じて誰よりも必死にやってきた。

しかし、現実はそうではなかった。

「まあ、よく頑張ったよ・・・」

全く感覚の無くなった、かじかむ指をさすりながら、

生まれて初めて、自分で自分をほめた。

いや・・・

なぐさめた・・・。

そして、私は翌朝、

上司に辞表を出した。

人生最大のターニングポイント

会社で自分の机の整理や荷物をまとめている時だった。

先ほど辞表を受け取った上司が突然「おい!有川。オーナーが呼んでるぞ!」と言ってきた。

そのオーナーの詰め(説教)は凄まじく、常識では考えられないほどの怒涛の詰め方をするという事は前から知っていた。

「え~っ。もう、いいですよ。辞めるんですから」

「いいから、来い!」

「どうせ、詰められるんでしょ?もういいですって!」
「大体、オーナーが僕になんの話があるんですか?」
「もう、関係ないでしょ!辞表出したんですから!」

そう言って聞かない私を横目に、その上司はどこかに電話をかけ始めた。

「あ、お疲れ様です。今から有川を連れて行きます。」
「はい・・・ええ・・・はい・・・そうです。分かりました。よろしくお願い致します」

「ガチャッ」

「何なんですか?今の電話は!行きませんよ!」

「絶対に行きませんから!」

上司は、私の声など聞こえていないかの様なフリで、そそくさと準備をすませこう言った。

「無理だよ。今から時間を作ってくださるそうだ。いいから来い!」

「辞めるなら、自分の口でオーナーに言え!ほら、行くぞ!」

「・・・・・・」

その言葉に、何も反論出来なかった私は、
引きずられるように、オーナーの事務所に連れて行かれることになる。

私には分かっていた。

そこでオーナーの恐怖の怒濤の詰めを浴びることになることを。

しかし、私には分かっていなかった。

そのオーナーの「詰め方」が、最強営業として生きていく、私の営業人生最大の「ターニングポイント」になるということを・・・。

(続く・・・)

※この話の続きは、いずれどこかで・・・

あなたに伝えたいこと・・・

こんな、ナマクラで逃げまくっていた「凡人以下」の私でも、ここまで来ることが出来た。

ここで、ひとつ。

あなたに、ハッキリ言っておきたいことがある。

世間一般的に言う「営業センス」や「素質」なんてものは過去の私には全くなかった。

しかし・・・それは、

今の私にも

「全く無い」

あるのは、膨大な苦しみと失敗から導かれた、ひとつの「営業の成功法則」であり「考え方」だけだ。

優れているのは、私ではない。

この法則と考え方が、凡人以下の私を「トーク1回3000万円の男」と言われるまでに、育てあげてくれたのだ。

だからといって、売れるようになるために、あなたが私のような驚異的な苦しみを経験する必要は全くない。

なぜなら、すでに今では、どうすれば最短で売れるようになるのかという「法則」と「考え方」は解明・確立されているからだ。

私には確信していることがある。

それは・・・

天才肌の営業マンは「営業センス」を使う

しかし・・・

私のような凡人が、天才肌の営業に圧勝するほどの「一流の営業」になりたければ「法則」と「考え方」を活用すればいいのだ。

あなたは、そこそこの営業で終わりたいのか?

それとも「最強に圧倒的に売れる営業」になりたいのか?

それは、あなたが決めればいい。

しかし、もしあなたが、本当に最強の営業になりたければ・・・

「法則」と「考え方」を徹底的に活用することだ。

あなたも最強の営業になれる! 最塾・公式サイト

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 最塾・公式サイト【最強営業実践塾】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.